激安でエッチする方法

【格安】激安でエッチする方法のまとめ【タダマン】

お金を出来るだけかけないで、H(本番)する方法はないのか?
そう考える人も多いと思います。
そこで格安で、エッチする方法まとめてみました。

 

 

【激安の風俗を利用する】 費用:9800円

最も安易に思いつく方法です。
風俗の抜きには、ピンサロ、ヘルス、ソープの3種類ありますが、
Hということを考慮すると、ここではソープに該当します。
ソープは3種類の中で最も高額なサービスというのが一般的考えです。

 

料金は、入浴料+サービス料と別になっている。

 

(理由)
法律で本番行為はそもそも禁止されています。
そのためソープとは本来Hする場所ではなくて、お風呂屋さんなんです。
あなたは、入浴料を支払い、サービスしてきた女の子とたまたま恋に落ちてHができた。
という、茶番劇が起きるようです。

 

そして、サービス料というのがネックで、格安のソープを探しても入浴料しか表示されておらず、サービス料の明記がない店舗も多い。
そのため、ソープ未経験で店に行った場合、サービス料を考慮せずに痛手を追う人も珍しくない。
サービス料はおおよその目安で、入浴料の2倍程度とされているが、絶対ではない。(要確認)
ネットで調べる際は、入浴料ではなく、総額で明記している場所のほうが良心的である。

 

激安のソープとしては、総額9800円程度が目安です。
場所としては、規模の大きな繁華街に存在する。(東京、神奈川、埼玉、札幌等)

 

裏技としては、3980円のデリヘル風俗を利用し、
3980円+2000円(レンタルルーム代)の5980円で本番行為が出来る可能性もある。
正規のやり方ではないが、5980円が最安値候補。

 

また裏風俗といわれる、中国人や韓国人での本番行為も9800円未満になる可能性はあるが、
それとは別に、財布の置き引き、警察のガサ入れ、すぐに潰れる店舗等の兼ね合いでオススメしない。

 

・利点と欠点
手軽に抜ける事や後腐れが発生しないという利点がある。
一方、基本的には地雷(性格ブス、巨漢嬢、BBA)が多く生息することは覚悟しなければならない。

 

【ナンパ】 費用:0円〜9700円

女の子を自力で現地調達する方法。
タダマンできる最有力候補の1つです。
路上女性に声を掛けるというハードルがあるものの、自宅にお持ち帰りすれば0円です。
しかしながら、直で自宅に来てくれる女性も少なく居酒屋を挟んだり、カラオケ等の施設を使う事になる。
また、自宅が使えない場合、女性に掛ける費用はなくても、ホテル代2980円(休憩)は掛かってしまう。
そのため、0円になる事はほとんどない。

 

路上のハードルを少し下げたナンパ方法に、クラブナンパという方法がある。
これの場合、女の子がお酒を飲んでいるので誘いやすく、ガンシカも少ないため成功率が少し上がる。
料金としては、(安くて)クラブ入場料(2000円)+ホテル代(7500円)=9700円程度。
別途タクシー代なども考慮すると値段は上がるため、料金だけだと格安風俗に負ける。

 

・利点と欠点
成功すれば、夢のタダマンが実現する。
ナンパで成功したという脳内麻薬でH以上の達成感が得られる。
自分で女の子を選ぶ事が可能なので、嫌いな女性に当たる事はない。
また、セフレや彼女にする事も可能。
一方、成功率が低いため、抜きたくても抜けない状況が生まれる。
外は寒いし、暑い。雨も降る。
引っ掛けるまで、大幅な時間制限がかかる。(クラブ行けば深夜まで帰れない。)
自給換算した場合、本当に安いのかは微妙なところ。

 

【ネットで探す(ネトナン)】 費用:0円〜5980円

ネットで女性と知り合い、後日であってHする方法。
SNSで無料で会う方法も存在したが、今では業者の巣窟となり壊滅的。(ホテル代+飲み代等で、5980円程度)
しかし、フェイスブック等のアカウントで積極的にアタックすれば、望みはある。
最近では、出会い系サイトの利用方法が有効。
出会い系サイト自体は、有料ではあるが100ポイント付いてくるのでこのポイント内で女性と出会ってHまで持っていける。
この場合、自宅連れ出しの場合、ナンパ同様0円。
ホテル代の利用の場合(2980円)+α(飲み代等)になる。

 

・利点と欠点
基本的にナンパと同じような費用体制になるが、女の子に声を掛けるというハードルがないため敷居が低い。
また、メール上でホテルに行くという確約をすれば、直ホも容易に出来るため無駄な費用がかからない。
クラブのような時間的制約もない。
寒くても暑くても、場所を選ばずにアプローチできる。
一見ナンパよりも利点が多いように見えるが、欠点もある。
ナンパは即日Hできるのに対し、ネトナンの場合即効性が低い。
つまり、当日タダマンしたくなっても後日になる可能性が高くなってしまう。

 

■まとめ■
当日に確実にエッチしたい場合は、風俗のソープに軍配が上がる。
しかし、継続的にセフレとして囲いたい場合は、ナンパやネットで女性を探すほうが長期的には良い。
ストリートナンパに興味があっても80%以上の人が挫折してしまうので、オススメできるか微妙。
現実的には、誰でも成功しやすいネットで探す(出会い系)を推奨する。

 

前回⇒出張先や旅行先での宿泊先で得する方法
次回⇒ネットで知り合った関係を長続き(強く)させる方法