不倫パートナーを探そうとしたら家庭崩壊の危機?安全な不倫方法を紹介

不倫パートナーをさがそうとした時の危険性と探し方!

不倫パートナーを探したい

 

皆さんは不倫パートナーの探し方について調べているかも知れません。
不倫相手は、探し方が分かれば、比較的簡単に見つかります。
しかし、不倫パートナーを探すに当たって大きなリスクがあることも事実です。
不倫パートナーを探す前にメリットやデメリットについて、おさらいしておきましょう!

 

 

不倫出来るパートナーを探すのは危険??正しい知識がないと離婚の可能性が飛躍的に向上する

不倫相手を探す前は、不倫で得られるメリットばかりに目が行きがちです。
しかし、

 

不倫パートナーを探した事が原因で、家庭崩壊を起こした!

 

という事例が非常に多いのです。
厚生労働省が発表する「司法統計からみた離婚」によると、異性関係が離婚の動機となる割合が3位になっています。

 

厚生労働省離婚に関する統計 12 司法統計からみた離婚

 

 

浮気が原因で離婚した時に発生する費用

不貞行為での費用

 

浮気が原因で訴える行為を、不貞行為と言います。
あなたの不貞行為が原因で離婚という結果を招いたら、当然慰謝料を支払う必要がある。
不貞行為が原因で離婚になった時の相場は、200万円〜300万円と言われている。

 

 

また、子供がいる場合は、月々の養育費を支払う必要があります。
仮に年収が400万円の場合、月4〜5万円掛かります。

 

 

もちろんあなたの言い分もあるでしょう。
そうなると、あなたも弁護士を雇わなければなりません。
弁護士費用は、請求額の8%が着手金、回収額の16%が報酬金。
浮気の慰謝料なら、25〜30万円くらい。
さらに報酬金が掛かります。

 

 

まだ、終わりではありません!

 

お互いが不倫している同士の場合、相手先にも夫がいることになる。
その夫に慰謝料を請求された場合さらに費用が発生する。
この費用が100万円〜200万円程。

 

 

以上が慰謝料です。
ここから分かる点は、

 

浮気はバレたらメチャクチャリスキーです!

 

あなたが浮気をしたことで家庭は崩壊し、離婚が成立しても多額の慰謝料が待っています。
家庭内が冷めていたり、セックスレスだとしても、リスクを理解した上で浮気をしなければなりません。
別の女性とSEXがしたいというだけでしたら、セックスフレンドを作った方が良いです。

 

不倫パートナーとの浮気がバレる原因

 

よく、浮気の原因は、LINEや画像などの証拠が出たからバレた!
と思う男性が多い思います。
確かにその通りなのですが、その前に疑う原因があったことが殆どです。
主に日常生活が変化したことに「違和感」を感じて疑いに変わることが多いです。

 

具体的には、

 

  • 日曜出勤が増えた
  • 趣味が変わった
  • スマホをトイレやお風呂にまで持ち込むようになった
  • 派手な服や下着を好むようになった(オシャレになった)
  • 急に優しくなった
  • など。

 

これは、全国に支店がある原市探偵事務所の統計情報です。
原市探偵事務所による浮気調査統計

 

 

そして、気づいたのですが、

 

浮気は証拠を隠滅してバレない立ち回りを意識する人が多いです!
ですが、

 

そもそも、浮気を疑われない立ち回りの方が遥かに重要です!

 

浮気の発覚のリスクを下げたいなら、奥さんに違和感を与えない事が重要です。
以上の事を意識した上で、不倫パートナーを探します。

 

不倫パートナーをさがそうとした時の探し方

既婚女性を探す

 

多くの男女が、

 

職場関係で知り合って不倫関係になる!

 

という事が多いようです。
しかし、職場での不倫はリスクがとても大きいです。
というのも、自分がいくら不倫の爪痕を隠しても、不倫相手がミスをしたら芋づる式に発覚します。
また、不倫では満足できずに、「結婚したい!」という願望を相手が持ってしまった場合、対処が難しくなります。
もちろん、職場で発覚した場合、仕事にも影響を及ぼし、最悪退職しなければいけない状況にも陥ります。

 

職場での不倫パートナーを探しは、ハイリスク・ローリターンです!

 

なので、余程の事がない限り職場での浮気は避けましょう。
では、どこで不倫パートナーを探せば良いのでしょう?
それは、インターネットです。

 

ネットで不倫パートナーを探そうとした場合リスクは激減する

 

ネットで不倫パートナーを探すメリットは、色々あります。
特にリスクという点では、強く働きます。
ネットで知り合うという事は、

 

相手の名前も住んでいる先も正確には分かりません!

 

ちょっと怖いですね。
ですが、逆に考えれば、互いに正確な素性が分からないのです。

 

相手がこちら側を本気で恋してしまい離婚を迫られたとします。
その場合、LINEをブロックしてしまえば、相手との関係を一方的に切れます。
職場の浮気と違い、相手が浮気バレしてもこちら側に被害を被るリスクが激減するのです。

 

仮に相手の夫が、訴える!
と連絡があったとします。

 

しかし、あなたの名前、勤め先、住所も分からなければ、

 

誰を訴えるの?
訴える先はどこ?

 

ってなります。

 

 

LINEにはあなたのIP情報は存在します。
これを辿れば理論上追うのは可能です。
なので、警察なら特定は容易です。
ですが、浮気は民事です。
警察は民事不介入なので、警察は出てきません。

 

弁護を雇うことで、個人情報の開示請求できる可能性はあります。
しかしLINEならば、

・人身被害(殺人、傷害等)
・金銭被害(詐欺、脅迫等)
・児童被害(児童買春、児童ポルノ等)
・違法取引(薬物売買、銀行口座売買等)
・事件予告(自殺予告、殺人予告、爆破予告等)

でないと、協力してくれません。
不貞行為では、公開してくれません。

 

 

こうなると、どうしても個人情報を開示するなら、LINEと裁判するしかありません。
ですが、LINEという超大手企業には超強い顧問弁護士が付いています。
法テラスで雇った弁護士で太刀打ち出来るか疑問です。
実際、弁護士ドッコムでも難しいと言われています。

 

仮に奇跡的に、開示が出来ても、分かったのはスマホのキャリアIPです。
ドコモやAUといったIPです。
もちろんこのIPだけでは特定は出来ません。
先程同じように、電話会社に情報開示しなければなりません。
そして、おそらく開示されないので、スマホ会社と裁判します。
特にソフトバンクは、「個人情報を理由に弁護士照会に応じない」で有名です。

 

この裁判に勝てて始めて、特定出来ます。
しかし、IPは数ヶ月しか保存されてないですし、海外のプロバイダーを経由していたら特定は出来ません。

 

浮気相手にここまでできるでしょうか?

 

おそらく慰謝料はペイできないでしょう。
刑事事件でないなら、IP関連からの特定は現実的ではありません。

 

以上の点から、不倫相手はネットから探すのがベストです!

 

ネットで不倫相手の探し方

真っ先に思いつくのが、

 

不倫パートナーをさがそう!

 

です.。
URL:http://www.love.squares.net/furin/
不倫パートナーをさがそう

 

サイトを見ても、1日45000PVを誇り、個人で運営している出会い系では驚異的な数字です。
一部の常連男性に人気もあり、数年前まで5ちゃんねるでもスレが立っていた程です。
良い点は、広告収入で得る数少ない運営サイトだという点。

 

無料だ!バンザイ!!

 

って飛びつく人も多いのですが、デメリットも多いです。

 

男性が女性にアプローチするには8時間に1通しかできない

男性は色々な女性にアプローチできません。
アプローチするには、8時間後になります。
つまり、スナイパーのように1人の女性を狙い撃つしかないのです。
しかし、このサイトでも圧倒的に女性より男性比率のほうが高いです。
つまり、少ないパイを男性が争う形になります。
公式サイトによると少ない人で10通。多い人で50通以上のアプローチが届くそう。
ライバル多すぎです笑

 

載せたけれど、返信0(*_*)

 

この現象が高確率で起きるでしょう。

 

また、検索で表示されるのは4〜6時間後です。
即、女性と連絡し合うということが出来ません。

 

早く女性と出会いたい!
早くメールのやり取りしたい!

という男性には向きません。

 

百戦錬磨のお局的女性が多い

「不倫パートナーをさがそう」は上級者向けの出会い系です。
ログインしている女性の多くは常連。
不倫することに慣れています。
従って、上手にアプローチが出来ないと、返事が来ません。

 

恋愛スキルが0なのに、魔王に挑むのと似ています。
不倫パートナーをさがそうに行き着いた男女は、効率を求めません。
通常の出会い系やSNSの出会いに飽きて、変わった出会いを求めた強者たちが多いです。

 

無料でHしたい!

 

とかそんな動機で始めた出会い系初心者は、相手にされないでしょう。

 

若い女性は皆無!30後半〜50代以上が大半

会員の層ですが、20代の若妻は、ほとんどいません。
若い子を不倫パートナーを探そうとしたなら、他サイトを使った方が懸命です。
登録している男女は、30後半以降が圧倒的です。
30代でも若いかもしれません。

 

なので、熟女が好きな男性にはターゲットが被ります。
しかしながら、熟女が好きだからという理由ならば、もっと良い出会い方もあります。
寝取りたいという願望以外は、メリットを感じないです。

 

 

基本的に若い男性は相手にされない!

女性側は若いイケメン探すというよりも、格好良い紳士的な男性がモテます。
○○で食事しながら、○○の夜景を見に行きません?
など、ムードあるデートに返信率が集まりやすいようです。

 

従って、お金に余裕がない20代はウケが悪い。
ケチでいかに安くHするか?セフレを探せるか?みたいな男性は不向きです。

 

不倫パートナーをさがそうに向いている人
  • 通常の出会い系に飽きた男性
  • 文章スキルに自信がある男性
  • 40代以上の人妻を寝取りたい人

 

デアエモンもこのサイトを使って見たのですが、とても癖が強いです。
デアエモンのスタンスは、多くの女性にメールをして反応の良い女性を探すという方法です。
しかし、8時間縛りのため、この方法は使えません。
1人の女性に、長文でひたすら自分をアピールする技術が必要です。
意地で1人の女性と出会いましたが、ケチなデアエモンには向いていませんでした。
Hを前提に不倫パートナーをさがそうとしているなら、PCMAXなどの大手出会い系の方に軍配が上がります。

 

PCMAXで不倫女性を探す

PCMAXで不倫パートナーを探す

 

PCMAX(18禁)は大手出会い系の中で、アダルト色に特化しているサイトです。
なので、不倫パートナーを探すにはピッタリのサイトです!
探すのもシンプルです。

 

不倫や浮気目的の女性だけを探したいなら、プロフィール検索で「不倫・浮気」をチェック。

 

PCMAXで不倫・浮気をチェック

 

すると、不倫や浮気希望の男性が表示されます!

 

不倫パートナーの候補が出てくる

 

PCMAXは、「不倫パートナーをさがそう」よりもユーザーが多く登録しています。
また、セフレが欲しいだけなら、不倫や浮気に拘らなくても出会えます。

 

純粋に熟女と出会いたいならマリッシュ

純粋に熟女と出会いたいならマリッシュ

 

セフレではなく本当は純愛がしたいんだ!
そんな人もいるかもしれません。
マリッシュは、若い子の不倫パートナーを探すのには全く向いていません。
しかし、シングルマザーなどの熟女を探すのに特化しています。
あなたが独身で純粋に熟女の女性と交際したいなら、オススメです!
このサイトはログインボーナスで無料でマッチングが可能です。

 

 

前⇒熟女出会いは危険!安全に出会う方法徹底解説【2018年最新版】
次⇒セックスフレンドは都市伝説?経験人数500人超えした驚愕方法