簡単なセフレは人妻!簡単な恋人は若い子!

人妻はセフレ、若い子は恋人!という願望の傾向が強い

忙しい人向け
出会い系でセフレを作るなら人妻。
恋人を作りたいなら20代の若い子。
この2パターンが鉄板です。
出会い系登録者には特徴があります。
・20代の一般女性は彼女志望で登録している
・30代後半女性は、セフレや不倫志望で登録している
そのため、20代にセフレを求めると成功しにくい。
30代に交際を求めると成功しにくい。
傾向を意識して臨むと良い。

目的がセフレなら35歳以上恋人なら20代女性と考えると楽

セフレお姉さん

 

出会い系では、色々な女の子が登録している。
目的も人によって様々です。

 

しかしながら、セフレという関係が目的なら、
同じ目的の女性を探した方が効率が高いです。

 

相手と自分の考えていることの利害が一致していると、短時間で会えます。
しかし、違いがあると中々出逢えなかったりもします。

 

セフレを作る事を第一優先にしているのであれば、
登録している既婚者や熟女の出会いを狙うと簡単です。

 

セフレを作るなら35歳以上を狙え!!

 

これを意識するだけで、セフレは驚くほど作りやすくなります。
しかし、一方でセフレに向いていない属性も存在します。
そういった女性は、セフレを望んでいるのではなくて恋人目的です。
セフレではなくて恋人を探したいなら20代の女性を探して行きましょう。

 

同じ出会いでも、これらの違いを理解しましょう。

 

今回の記事は、「セフレ」と「恋人」願望のある女性を見極めて、効率良く目的が遂行出来るようになる。
という考え方を伝授出来たらと思います。

 

セフレを探したいなら、人妻(熟女)に狙いを定めろ

 

改めて話を戻します。
あなたの目的がセフレ探しの場合、

 

・既婚者
・年齢が35才以上

 

という2点に的を絞りましょう。
相手のプロフィールの情報とは関係なしに、セフレを探している女性に当たる可能性は高い。

 

既婚者で出会い系に登録している理由

 

ちょっと待て!
理由が分からないない。

 

そう思うかもしれませんね。

 

けど、結婚しているのにも関わらず、出会い系に登録している時点で「察知」出来ませんか?
結婚相手とは、円満な生活を送っていない可能性が高い。
日常生活に不満を抱いてることが多いです。

 

しかしながら、既婚者ゆえに、合コンなどに参加する事も難しい。
新規の出会いも難しい。
仮に出会えたとしても、離婚する気もない。

 

出会い系サイトに登録する既婚者はそんな、属性が多いのです。

 

すなわち、セフレ希望の相手を手っ取り早く探すのであれば同じ考えの女性。
人妻に狙うのが早いと言えます。

 

自分も結婚【脳内変換可】していると仲良くなりやすい

セフレ探しで、人妻に1点集中するのは良い選択です。
ですが、女の子側も、

 

出会う=不倫

 

という図式になりやすく、相手も慎重になります。
つまり、女の子にとって、1つのタブーを犯している事になるのです。
このタブーを共有する事で、お互いの距離が急激に縮まるのです。

 

その方法が、

 

W浮気

 

つまり、既婚者通しの浮気です。
既婚者通しなので、お互いの気持ちが分かり合えるばかりでなく、スリルや興奮を感じます。
既婚者の中には、今の環境を崩したくない人も多いです。
つまり、相手がこちら側に好意持たれること自体を危惧する女性も多くて、結婚している男性としか、出会わないと決め込んでいる女の子もいるほどです。

 

人妻をセフレにするメリットとデメリット

 

セフレにしやすいNO1の人妻ですが、多くのメリットがあります。
その一方で、デメリットもあります。
これから人妻をセフレにしたいと考えているなら、特徴を知っていると良いでしょう。

◎割り切った交際が可能

皆さんが臨む、金銭が絡まない本当の割り切りが可能です。
人妻女性の多くは、空気を読みます。
自分は既婚者と言う立場があるため、「恋人」という面倒なプロセスが無くても良いのです。
そのため、記念日やデート抜きで、ホテルに入れたりします。
皆さんが思い描くセフレに最も近い方法で出会えるのです。

◎リーズナブルに済ませても不満がない

相手が主婦の場合、男性の懐具合を知っています。
なので、高級感のある演出などを求めなくても理解してくれる人が、多いです。
出会う→大衆ラブホ。なんて直行コースでも、同意してくれやすいです。
相手が求めているのは、「女」として見てあげるエスコート術です。

〇平日の昼間に会える

人妻は、昼間に時間が空きます。
なので、仕事が営業周りで時間が取れたり、夜勤などで昼間に時間が空く男性に取っては、好都合に働きます。
平日の昼の方がホテル代や食事代が安く済むため、リーズナブルになりやすい。
しかし、逆を言ってしまえば、土日や平日の夜しかまとまった時間が取れない男性は、人妻との交際は難しいです。
だからといってセフレを作りにくいというわけではない。
未婚の熟女狙いにシフトすればOK。

?不倫という慰謝料

 

ここからはデメリットです。
不倫で身体の関係があった場合、不貞行為と見なされます。
不貞行為とは、民法770条1項に定められており、民事上の違法行為です。
つまり、不倫交際は、民事裁判になる案件です。
番号やラインだけの繋りでも、相手の男が多額の弁護士費用を支払う事で、情報開示は出来てしまう事が多いです。
高確率であなたの特定は可能です。
しかしながら、採算は取れるかは微妙であり、そこまでやる人がどこまでいるかは分かりません…。

?恋人探しには不向き

全員が全員そうとは限りませんが、相手の女性は今の私生活を崩したくないと考えいる事が多いです。
例えば、子供がいれば、養育費などの兼ね合いにより「離婚」という選択は望まないのです。
あなたが、結婚を前提に交際も視野に入れているとなると、ハードルが高いです。

〇セフレ狙いなら熟女も狙い目

人妻出会いは、大鉄板と言えます。
そして、もう1つ鉄板のなのが「熟女」です。
熟女とは既婚者の他に独身も含みます。
慰謝料は怖い!
そう感じるなら、独身の熟女の出会いも視野に入れましょう。
女性は、10〜20代はチヤホヤされていて、モテを感じる女の子は多いと思います。
ですが、30才以降から、男性からのアプローチは減っていきます。
しかし、女の子はどの年代になっても、チヤホヤされたいもの。
そのチヤホヤを求めて、出会い系を利用する女性も多いです。

 

この思想を持っているのが、35才以降の出会い系に登録している女性です。

 

年齢だけで、ピックアップ出来るので、絞込も容易で、手軽にセフレ候補が見つかります。
注意点としては、癖が強くプライドが高い女性が多いので自尊心を尊重する立ち回りが求められます。

 

若い子はセフレには不向きで、恋人を求める


若いセフレを作りたい!なんて、考えている男性もいるかもしれません。
ですが、一般的な感性を持っている若い女性の多くは、セフレではなくて、恋人を求めている割合が遥かに多い。
なので、セフレ前提のアプローチをすると全く出会えないとケースが多発する。

 

なので、出会い系で若い女の子を探す目的としては、恋人探しとしてが利害が一致しやすい。
若い子は、やり目男子を毛嫌いしたりする。

 

それでも若い子をセフレにしたい

 

女性が若い子でも成功しやす女性が存在する。
それは、

 

メンヘラ女子

 

である。
メンヘラ女子は、外見も可愛い子が多く、エッチまでのアプローチも容易。
セフレ相手としては申し分ないとも思える。
しかし、こちら側に依存する傾向が高い。

 

知らない間に恋人になっていたりもするw

 

まともに相手をすると、こちら側のメンタルまで、持っていかれる事が多い。
強靭な心があれば、やり目としてターゲットに出来る。
ですが、一般的な精神の場合、こちら側にも負のオーラや鬱が伝染したりする。

 

立ち回りに注意が必要。
やり捨て御免のクズ男精神の方が成果が出やすい!

若い子を狙うならセフレの延長線上の彼女ぽい関係を構築する

熟女と違い20代の子はセフレを負け組と考える子が多いです。
なので、セフレという感覚を相手に悟られてはならない。
こちら側は、一切付き合うとは言っていない。
つまり、交際はしていない。
けれど、関係が彼女に近い関係を作る事で、セフレに出来る。

 

女性自身も自分がセフレと薄々勘付いてはいるものの、関係を崩したくない。
なので、この状況がずっと続くのです。
このようように、恋人のようなセフレを意識すれば熟女や人妻でなくてもセフレは作れます。

 

前回⇒熟女出会いは危険?←安全簡単に出会える方法【2019年】
次回⇒不倫パートナーを探そうとしたら家庭崩壊の危機?安全な不倫方法を紹介