夫から女性として見てもらえなくなった時の対処方法

夫から女性として見てもらえなくなった時の対処方法

 

付き合っている時は良かったけど、結婚してからは会話が減った。
旦那から女として見てもらえてない気がする。
そんな悩みを持った女性は少なくありません。

 

実際のところ、結婚して1〜2年は新婚気分でラブラブでも時が経つにつれて、そんな気分も薄れてきてしまいます。

 

でも、そんな時どうしたら良いのでしょうか?

 

今回は既婚女性向けに旦那様にもう一度女性として意識して貰う為の対策を紹介していきたいと思います。

 

▽何故男性は結婚すると女性として見てくれなくなるのでしょうか。

 

・「家族」になったから

 

・常に一緒に居て色んな面を見尽くしてしまったから

 

・慣れてしまったから

 

家族になるということは幸せなことですね。

 

でも、家族に対していつもドキドキしているかといったらそうではありません。

 

家族というのは安心して落ち着ける存在です。

 

だから付き合っている時とは、男性も感じ方が変わってくるんです。

 

一緒に暮らして昼夜仕事以外の時間を共にするので、付き合っている時には見せていな

 

かった面も徐々に自然と見られて行くようになります。

 

「慣れ」や「マンネリ」という言葉は付き合っている時から聞くかもしれませんが、結婚してからは意識することなく「慣れ」が始まってしまうものです。

 

そして、それが当たり前になるので女として意識して貰えなくなってしまうのです。

 

落ち着ける存在であるのは嬉しいことだけど、やっぱりいつまでも女性として見られたいし、たまにはドキドキしてもらいたいですよね。

 

その為にしていきたい対策を紹介します。

 

 

1.髪型を変える

 

結婚して毎日同じ髪型。いつも一本結い。そんな女性も多いと思います。

 

仕事に家事に忙しいのはわかりますが、毎日同じ服は着ませんよね。

 

それと同じで髪型も変えてみましょう。

 

「あれ?今日なんか違うな」と気付いてくれるでしょう。

 

いつも結っているならダウンスタイルに、いつも下ろしているならアップスタイルでう

 

なじを見せてみましょう。

 

いつもと違うスタイルに旦那さんも意識するはずです。

 

また、洗い流さないオイルトリートメントを付けるのもオススメです。

 

髪の毛にツヤ感が出てまとまりが髪の毛を綺麗に見せてくれます。

 

 

2.ファッションをガラリと変える

 

旦那さんと一緒に居るのが一番多いのは家ですよね。家ではパンツスタイルだという女

 

性が多いと思います。

 

ゆったりくつろぐ為に楽な格好をするのは普通ですが、女性として意識して欲しい時に

 

はそれをガラッと変えてみましょう。

 

ワンピースやタイトスカートがオススメです。

 

体のラインや脚が綺麗に見えるタイプのものが女性らしくセクシーに見えるので良いで

 

しょう。

 

スカートを履くと自然と振る舞いも女性らしくなるので内面から女性らしさが現れて男

 

性もドキドキするものです。

 

「普段と違う」色気のあるスタイルに旦那さんも意識するでしょう。

 

3.エステに行く

 

たまに自分へのご褒美にエステやマッサージへ出掛けてリフレッシュしましょう。

 

ストレスも発散され、気持ちはさっぱりするしお肌も綺麗になるので一石二鳥です。
ストレスが発散され気持ちに余裕が出来、お肌も輝いているあなたを見て旦那さんも自然と「綺麗だな」と思ってくれるでしょう。

 

でも、常には行ってられないので、そんな時にオススメなのがお風呂上りのマッサージです。

 

ボディクリームをたっぷり付けてしっかりマッサージしてあげましょう。

 

その時にオススメな香りは、バラの香りです。

 

石鹸の香りや柑橘系も男性ウケは良いのですが、結婚していつも一緒に居る男性には色

 

気を感じさせるバラの香りで女性らしさをアピールするのが効果的です。

 

4.ドレスアップしていつもと違う場所に出掛ける

 

本格的ではなくても良いので、いつもよりも少しドレスアップして少しだけオシャレな

 

レストラン等に出掛けてみましょう。

 

いつもと違うスタイルをしていると旦那さんも見直してくれるでしょう。

 

普段はパンツスタイルでも、その日はワンピースやスカートで脚を出してヒールを履いてみて下さい。

 

一気に女性らしさが高まり、自分の気分は勿論旦那さんの気持ちも変わるはずです。

 

「今日なんか綺麗だね」なんて言われちゃうかもしれません。

 

5.感謝の気持ちを伝えながら甘える

 

付き合っている時は伝えていた感謝の気持ちも、夫婦になって当たり前と思うことが増えていませんか?

 

2人でゆっくりしている時に自然に普段の感謝の気持ちを素直に伝えてみましょう。

 

「ありがとう」と言われて嬉しくない男性はいません。

 

その時の伝え方でオススメなのが、こちらです。

 

・向かい合って座って手を握ってありがとうを伝える

 

・隣合って座って旦那さんにもたれながら、ありがとうを伝える

 

ポイントはありがとうを伝える時に体のどこかが触れていることです。
触れ合っていると気持ちも伝わりやすいですよね。

 

夫婦だからこそ伝えられる気持ちを素直に伝えてみて下さい。

 

5・出会い系サイトを始める

 

邪道かもしれませんが、結婚して恋愛を忘れると寂しくなってしまいます。
今の旦那さんが、昔とくらべて愛してくれなくて自信を無くしてしまっているかもしれません。
ですが、世の中には夫以外にも多くの男性がいます。
サイトを始めたら分かるのですが、あなたに興味がある男性はたくさんいることが分かると思います。

 

女性として、再度恋愛を経験できるでしょう!

 

中には、同様の悩みを抱える既婚者の男性とも出会えるかもしれません。
私生活に影響を受けない第三者に同じ悩みを打ち解けて、解決策を模索したり、ストレス解消も出来るかもしれません。

 

恋愛すると、女性はイキイキします。
つまり、キレイで可愛いくなるんです。

 

それは、旦那さんのハートに刺さる結果にも繋がるかもしれません。
出会い系サイトでという荒業で、旦那さんの思いを再認識してみてはいかがでしょうか?

 

いかがでしたか?

 

旦那さんに女として意識して貰える方法がいくつかわかりましたね。
すぐに試せるものもあると思うので、是非実践してみて下さい。

 

前回⇒夫から女性として見てもらえなくなった時の対処方法
次回⇒パパ活や愛人契約など探し方や方法