性病予防について考える

不特定多数と関係を持っても性病のリスクを限りなく0にする方法

出会い系サイトで不特定多数の女性と関係を持つ事が出来たとしてその次に抱える問題は、性病です。
性病とは、性行為によって生じる病気であり、不特定多数の女性と関係を持てばそれだけリスクが生じる可能性が出てきます。

 

しかしながら、

 

デアエモンは性病に一度も掛かった事がありません!

 

それには、きちんとした知識と行動をすることで、リスクを最小限に抑える事が可能だからです。
今回は、「性病になりたくない!!だけど、多くの女性と関係を持ちたい」という矛盾な記事を書いていきたいと思います。

 

性病の種類と原因

性病ってひとえにいっても多くの種類があります。
一般的に最も恐れられているのがHIVといわれるウイルス型。
性病で最も多いと言われている、クラミジア。
梅毒やカンジダなども有名です。
詳しい種類を知りたければ、ウィキペディアを参照してください。

 

実に様々な種類がありますね。
しかし、どの性病も感染する方法は決まっており、異性(人体)の粘膜(体液)の交わりによってすべて感染します。
つまり、異性と粘膜を介さなければ、病気を移されることは100パーセントないのです。
逆を言ってしまえば、異性とキスを含む粘膜の交わりを行えば、そのリスクは0ではなくなってしまうのです。
なので、1人でも関係を持てば、性病というリスクは常に抱える問題となります。

 

そのため、「性病になりたくない」と考えるのであれば、異性との関係を絶つ事がベストであり、「不特定多数の女性と関係を持ちたい」と考えるのであれば、性病のリスクを覚悟しなければなりません。

 

「性病になりたくない!!だけど、多くの女性と関係を持ちたい」

 

つまり、上記の考えは矛盾しているのです。

 

しかし、この考えはとてもよく分かります。
万が一、奥さんや彼女がいた場合、性病=浮気と思われるでしょうし、今の医学では完治が難しい病気には誰もが掛かりたくないからです。
デアエモンは、この考えを常に頭に考えており、実際に性病に掛かってないですし、これからも掛からないと思います。

 

では、どうやれば、性病のリスクを回避できるかについて考えて見ましょう。

 

女性に性病が掛かっていなければ問題ない

性病というのは、あなたと関係を持った異性が、過去に違う男性と関係を持って感染され、それを間接的に感染させられたと考えるのが自然です。
つまり、女性が性病として感染させられていなければ、1000人と関係を持っていても性病に掛かる事はないのです。
極論を言ってしまえば、

 

交際暦がない処女の女性と関係を持てれば、性病に掛かるリスクは0です!

 

実際には、不特定多数の処女の女性と関係を持つというの困難ですが、性病のリスクを減らすヒントはここにあります。

 

それは、

 

男性経験が少なく尚且つまじめな女性に的を絞る!

 

という事です。
性病にならない一番の予防は、そももそも性病を持っていない女性と関係を持つ
という点です。
このポイントが、デアエモンが今でも性病にならない一番の要因であると考えています。

 

風俗で100人(回)プレーしたのと、交際暦0の女性と10000人とプレーしたのでは、桁が2桁多くても後者はリスクゼロですが、前者はリスクが伴います。
この例を出会い系サイトで当てはめれば、アダルト掲示板等の割り切り交際目的で関係を持てば、それだけリスクがあがりますし、純粋な出会いを求めている女性と関係を持つ事が出来ればそれだけリスクが軽減できるという点です。
ワリキリ交際のほうが簡単に異性と会えますが、性病というリスクと費用を考えれば、純粋な出会いを求める異性を探した方が得策といえます。

 

長くなりましたが、一番有効な方法は、

・性病に掛かっていない女性を探す
・性病がなさそうな女性を探す

 

という事に重点を置きましょう。

 

直接粘膜を触れないようにする


最大の予防は、性病持ちと関係を持たない事ですが、100パーセント見極めるのは不可能です。
そこで、日本で最も普及している性予防対策のコンドームの着用を心がけましょう。
コンドームを着用する事で性器との粘膜を介することを防ぎ、一定の予防効果が生まれます。
主に効果が高いとされているのが、淋病、クラミジア、HIV等です。
しかし、オーラルセックスなどの体液や粘膜を交わす事で、口唇ヘルペスやコンジローマの性病は防げません。
つまり、コンドームではすべての性病防げないのです。

 

では、どうするのかといえば、
フェラ、クンニなどの粘膜を交わす行為は極力行わないようにしましょう。
粘膜を直接触れさえしなければ、万が一相手が性病持ちでもリスクが極端に減らす事が可能です。

 

○異変を察したらやめる勇気も必要○
異臭などを、なにかしらに違和感を感じたら、デアエモンは性行為を行わないようにしています。
とにかく、異変を感じたら、やめる事も大切です。

 

体調管理に気をつける

軽視しがちなのですが、自分の体調管理はとても大切です。
体調次第で、感染率が飛躍的に上がったり、下がったりするデータも出ています。
そのため、異性と性行為を行うときは出来るだけベストコンディションで望むようにしましょう。

 

定期的な検査をしよう

性病で最も感染者が多いのがクラミジアと呼ばれていますが、性病に掛かった状態では相手に迷惑をかけるばかりではなく、
別の性病にも掛かりやすくなります。
そうならないためにも、定期的な検査をする事をお勧めします。

 

■まとめ■
現状での性病予防は、コンドーム+オーラルセックスを避けるですが、これは万全とはいえません。
最も有効な方法は性病になっていない女性を探すことです。

 

前回⇒(サポ有り)ゴム付き女性を生ハメ交渉する方法
次回⇒1日でブサイクからイケメンになる方法