出会い系サイトと優しさ

優しい男性が成功率を上げるカギだとは思わない事

出会い系で多くの女性と接していると、相手と自分の価値観が大きくズレていることがよくあります。
今回デアエモンが言いたいことは、自分の価値観を相手に押し付けない事です。

 

出会い系に登録している女性って、逢ってしまえば、その日にでHまで行けてしまう事があります。
デアエモンがもし女の子だった場合、その日に会った男性とHしようとは絶対思わないでしょう。

 

ですが、私が知らない場所でも多くの女性がその日に会った男性と性行為に及んでいます。

 

つまり、デアモンとそういった子の価値観の違いが生まれるわけです。
この自分の価値観を相手の女性に押し付けて考える事は必ずしも得策とは言えないのです。

 

その代表的な例が、「優しさ」です。

 

表面上では優しい男性が好きと言うが、、

テレビの好きな男性のタイプアンケートでも「優しい男性」というのは、上位に入っています。
ですが、実際は自称優しいという男性は、モテていなかったりします。
なぜでしょうか?

 

それは、優しいという価値観の相違があるからです。

 

例えば、「何が食べたい?」って女性に訊く行為が、本当の優しさなのかというと疑問に思います。
あなたは、食事を選択するという行為を相手に委ね、楽をしているからです。
つまりは、面倒くさい事を相手に押し付けているのです。
これを優しさと勘違いする男性も多いです。
デアモンならば、「○○って言う食事を食べたいと思っているんだけどそこ行かない?」って言います。

 

女性が、「○○苦手なんだよね」って答えが来るようであれば、代替え案を出して上げる。

 

面倒な行為は男性が行い、楽をさせてあげる事が、「優しさ」なんだろうって考えています。

 

相手に委ねないで、デートは男性側がコントロールする

良い意味で言えば、エスコート。言い方を変えれば、主導権を握る。
これが、出会い系デートには大切なのです。

 

しかし、相手の意見を全て聞いた上でのデートでは、あなたはただたの御用聞きでしかありません。
言い方が悪いかもしれませんが、都合の良い男性と思われても仕方ありません。

 

あなたの思っている優しいと、相手が望んでいる優しいをはき違えないようにしましょう。
その考えは、必ずしも成功率を上げるカギではないのですから。

 

今回は、優しいという事を中心に説明しましたが、このような価値観の相違って多く経験します。
色々な価値観のある女性と出会って、「このタイプは○○だな」ってパターンか出来たりもします。

 

もし、あなたがデアエモンのように不特定多数の女性と出会いたいのであれば、価値観についても考えてみると良いかもしれません。

 

前回⇒1人暮らしを有効に活用しよう!!
次回⇒寂しがり屋さんを攻略する