ナンパと出会い系との違いについて

ストリートナンパよりもネットナンパの方が優れている

出会い系で多くの女性と出会う行為を「ネットナンパ」っていう人もいます。
ナンパって聞くと、街に歩いている女性に対して、「ヘイ。お姉さんお茶しない?」っていうイメージが強いですが、それのネットバージョンっていう認識なのかもしれません。

 

さて、デアモンは出会い系を通じて多くの女の子と会ってきました。
そうするとさらに自分好みの女性を探したくなります。
ですが、ネットでの出会いの最大のデメリットは、会ってみないと、実際の女性の全体的容姿が分からないところです。

 

印象通りの場合もありますし、想像と違う場合も当然あります。
そういう事を経験してると、効率の悪さばかりに目がいってしまいます。

 

そうなると、より効率の良い方法を模索したくなります。

 

そこで始めたのが、ストリートナンパです。
実はデアエモンはネットだけではなく、ストリートナンパも経験しています。

 

ストリートナンパはネットナンパにないメリットも多くあります。

 

ネットナンパにない、ストリートナンパのメリット

 

1・実際に顔を確認することが出来る。
ストリートナンパは当然、女子の顔を確認してから声を掛けるので、ネトナンのような「容姿ハズレ」にあたる可能性が皆無です。(よく見たらハズレはあります)
なので、好みじゃない女性に時間を割くという行為をしないで済みます。

 

2・即日、デートやホテルも可能
出会い系ですと、メールのやり取り→デートという段階を踏まないといけないので、ストナンよりも多くの時間を要します。
ストナンは、女性を上手く連れ出すことができれば、そのままデート出来ますし、自宅やデートに直行することも難しくありません。

 

3・運動になる
椅子に座ってるだけで釣れる出会い系とは違い、ストリックに動くため運動不足の解消に繋がる。

 

私が、ストナンに感じる魅力はこんなところでしょうか。

 

ですが、メリットがある反面デメリットもあります。

 

1・敷居が高い
出会い系よりも敷居が高く、見ず知らずの女性に声を掛ける事に抵抗を感じてしまいます。
また、「知り合いバレ」や「周りの目」などが気になり、思うようにできない恐れもあります。

 

2・成功率が低い
出会い系は、お互いが出会いを望んでいるのに対して、ストナンは全くの不明です。
不快に思われることも珍しくありません。
ガンシカと呼ばれる無視や罵声を浴びせられることもあります。
その上、成功率も高いわけではありません。

 

3・天候などに左右される
夏は暑く、冬は寒いです。
雨が降れば人口も少なく、士気も上がりません。
ネトナンは、基本的に自宅などの屋内でナンパするため、天候に左右されません。

 

4・トラブルに巻き込まれる
個人的には最大のデメリットです。
ナンパ行為に違法性がないのですが、キャッチと呼ばれる男性から嫌がらせ行為によるトラブル。
女性が不快と感じれば、すぐにでも警察沙汰になります。
実力あるナンパ師で、トラブルに遭わない男性は居ません。
デアエモンですら、トラブルを多く経験しています。
出会い系で、美人局を心配している方はいますが、その何十倍もトラブルに遭う確率があると思います。
デアエモンは、女性に声をかけただけなのですが、付きまとわれた言われ、男性を呼ばれ5人くらいに囲まれた経験もあります。
(出会い系で警察沙汰になる経験は1度もありません)

 

 

ネトナンストナンどっちがいい?

 

効率性は人により違うと思いますが、トラブルの観念を入れれば、ネトナンの方が軍配があるとデアエモンは思います。
成功率よりも安全に出会いを実現できるか?のほうがデアエモンは大切なことだと思っています。

 

次回は、「どんな子が狙いやすいの?」って意見を度々耳にするので、デアエモン流の狙いやすい女性について解説していきたいと思います。

 

 

前回⇒自分の趣味と合った子を探す
次回⇒狙い目な異性の探し方