デアエモンと出会い系(運営情報)

はじめまして。ぼく、デアエモン!!

はじめまして。数あるサイトから、私のサイトを見に来てくれてありがとうございます。
ここでは、「デアエモンってどんな人?」って疑問に思う人がいるかもしれませんので、自己紹介的ページを設けてみました。
私は、このサイトを立ち上げるまでに、誰よりも出会い系サイトを開いては、どのようにすれば女の子と会えるのかを考えていました。
そんな、私の生い立ちを話していきたいと思います。

 

 

出会い系サイトを始めたのは高校生の時

今現在の高校生の出会い系サイトの利用は禁止されていましたが、デアエモンの時代は普通に高校生でも出会い系に登録できました。
まさに、出会い系ピーク時ですね。
「○○市に住んでいます。友達になろう」っていう短文ですら、女の子からメールが届いた時代なので、物凄い簡単な時代でした。

 

ですが、その当時はそれが当たり前だと思っており、いざ待ち合わせを場所を決めるとなると、不安になり「ドタキャン」するなどありえない始末でした。
デアエモンは女の子と付き合いたいという願望は誰よりも強かったのですが、人と話すのが苦手で、男友達ですら少数です。
まして、異性の同学年の女の子と話すとなると、頭が真っ白になってしまいどうすることもできません。

 

帰宅部だったため、休日は友達がおらず、家でゲームばかりしていました。
結局、この時期は出会い系を利用していて、出会うのが簡単だったのにも関わらず、女の子と会う事が出来ませんでした。

 

 

コンプレックスの塊

出会えない要因として大きかったのが、コンプレックスの数です。
人と話すのが苦手なコミュニケーション不足以外にも多くのコンプレックスを持っていました。

 

容姿は、身長が160センチ未満で、前習い時は常に先頭で、手を腰に当てる作業しかやった事がありません。
お菓子が大好きで、カロリーの高いチョコパイが大好きでした。
当然肥満になり、「チビ、デブ」という、女受けが悪い容姿を抱えていました。

 

勉強もスポーツも苦手で、成績表は1と2ばかり。
皆勤賞だったのにもかかわらず、ずる休みばかりする同級生にも通知表の評価は負けていました。

 

大学時代

成績が悪かったが、付属大学に入学。
その後20才になっても、彼女いない歴年齢=年齢は更新され続けて焦る。
しかし、大学内にも友達は居ないので、異性との接点は皆無だった。
この絶美的な状況を打破するために始めたのが、出会い系サイトの再開だった。

 

出会い系サイトの再開

昔ほど勢いはないものの、掲示板に投稿すれば出会えていた。
この時代に「出会い系は、出会ない」なんて言葉はなかったのです笑

 

しかし、容姿には自信がなく、身長の話になると返事がこなくなった。
デアエモンはこの時代から、「本当にであえるのか?」って疑問に思っていた。

 

初のデートはお茶

「付き合うのって都市伝説じゃないのか?」って思うほどだったので、ドキドキして会ったのは今でも覚えている。
相手はデアエモンより5才上のお姉さんでした。
「童貞なんです」と伝えていたら事もあり、デートは向こうに委ねていた。
ホテルは行くつもりはなかったが、なぜだか行ってしまい、童貞を卒業した。

 

その出来事から快進撃が始まる

一度出会ってしまうと、要領がが分かり2回目はスムーズに出会える。
ピーク時は大学をさぼり、ひと月で30人の女の子とも会っていた。
その過程で、可愛い初彼女も出来る。

 

今までもモテなかった人が恋愛で上手く行くと、今までの変動で変わった方向に行く

 

の代表的な例がデアエモンでした。

 

 

それから10年後のデアエモン

今でも同じように会っている。
SNSでデアエモンと同じような仲間とも出会い紹介がキッカケで、不定期に出会い系講習をしたりする。
因みに、デアモンが教えた講習生は、ほぼ全員が成果を出すことに成功しています。
以上の経緯から、

 

正しいやり方をすれば、誰でも出会える

 

と結論付けている。

 

ちなみに当サイトでは、講習も宣伝や告知などは行いません。
情報を小出しにしたり、隠したりもしていません。
教えている内容は、このサイトに書いてある内容とほぼ同じです笑

 

 

■これから、始めたい皆さんへ■

 

「出会い系」は出会う上では最強のツールだと個人的には思っています。

 

道具の使い方は、当サイトに残します。

 

道具を使いこなせるか、使いこなせないかは自身に掛かっていると思います。
せっかく、デアモンのサイトでお知り合いになったのも縁ですし、しっかりやり方を身に付けて欲しいです。

 

運営情報

当サイトは出来る限り最新の注意を払っていますが、どうしても情報は時間と共に変化を繰り返します。
最終的にはご自身の判断でご利用頂きますようにお願いします。

基本的に返信などは致しませんので、ご了承ください。
問い合わせフォーム

 

次回はデアエモンが、準備しているものについて説明していきます。

 

次⇒準備しているもの